シンガポール駐在妻が書くお役立ちブログ

子育て 食事・レストラン

【未就学児無料】子連れランチなら俄然バルバッコアランチ

投稿日:2022年3月9日 更新日:

こんにちは。

0歳〜1歳よりも、2歳超えてからの方がお店選びに困りませんか?

一人前に自己主張もあって、やりたいことも好きな食べ物も本人の希望があって、、嫌なことは絶対拒否だし。

家族、仲のいい友達と外食でレストラン予約するのにも、

  • まず、キッズメニューある?
  • なさそうなら、取り分けできそうなメニューある?
  • 子供も使えるトイレある?
  • ベビーカー持ち込みできる?
  • できないならキッズチェアある?
  • ないなら大人椅子座れる感じ?
  • お店はキッズフレンドリー、、とまで言わなくても賑やかにしていても迷惑でない雰囲気?
  • ワガママ言えるなら子供が食べられるものから先に料理出してほしい、、
  • でもそんな贅沢言えないし、とりあえず静かに食べてくれそうなフライドポテトとかあるかな、、
  • とりあえずジャガイモで作ったものなら黙って食べてくれるんだけど、、
  • サービスでパンとか付いてきたり、、する?しないか、、
  • 離乳食期終わってるから食べ物持ち込むのも気がひけるし、、
  • てゆーか食べる前にまず、公園とか遊べるところ行きたいだろうなー、、
  • おもちゃないと大人がご飯たべてる時間待てないだろうな、、

とか、考えてたら、せっかくの外食なのにめっちゃ億劫になりません!?

うちだけ!?笑

我が家は、表参道・渋谷あたりの出没頻度が高いのですが、、見つけましたよ。

大人も2歳児も子供も楽しめて、美味しくて、2時間座ってゆっくりご飯が食べれる場所。

今日は、そんなバルバッコア渋谷店の紹介とレポート。

 

バルバッコア 渋谷店

バルバッコア実は、わたし今までバルバッコア行ったことがなくて。

名前はよく聞くんですけどね。

「シュラスコ目の前で切ってくれるお店」くらいのイメージしかなかったんですが、

いやぁー、今まで知らなくてごめん。完全に侮っておりました。

バルバッコア素人、懺悔。

お肉好きの若い子たちがワイワイパチパチ楽しむお店で、わたしとは無縁かと思ってたよ。

もう!!!1回行って!!!これからヘビーローテーション決定!!!

わたしと出会ってくれてありがとう、バルバッコア。

子育ての戦友としてよろしく。

ディズニーストアのビル奥にあるバルバッコア渋谷店。(もちろん、子供はめざとくディズニーストアを見つけ、ランチ前に制覇。笑)

お店に上がるためのエレベーターに乗る前に少し階段があるので、ベビーカー持ち込みの方は少しご注意を。そこだけクリアすれば夢のバルバッコア国。

入り口でベビーカーを預け、荷物札を受け取ったあと席に通されます。

大人椅子に子供用の椅子を取り付けていただいていたので、ベビーカーを預けても安心。

うちは、保育園の昼食とリズムを合わせるため、土日も少し早めのランチタイム。

11時過ぎは入店しましたが、さすがにまだお店にはほとんどお客さんはいませんでした。

でもみんな大体予約して来てる雰囲気だったな。ランチ難民にならないためにも、予約をおすすめします!

子連れで、バルバッコアの何が良いって?

未就学児は無料

ビュッフェ

未就学児は料金無料です。

むむむむむりょう!!!!!!?

うちの子、大人顔負けでご飯丼一杯とか食べますが!?牛肉大好きで、わたしの分までいつも横どりして食べますが!?

無料なんて、、ありがとうございます。頭が上がりません。

お得です。以上。

大人も子供も嬉しいアトラクション感

肉バルバッコアでは、店員さんが巡回してくれて、お肉は席まで持ってきてくれるし、

野菜、副菜、デザート系は、ビュッフェスタイル。

このアトラクション感が、娘にはたまらなかったようで、目をキラキラさせて楽しんでました。

コロナ禍で、何度もビュッフェと席を往復するのは少し気が引けましたが、ビニール手袋やマスク必須など感染対策もされていたのも、好印象でした。

ちょうど、イチゴフェアも開催されていたので、イチゴ好きな娘は大喜び。

子供の好きなメニューの選択肢が多い

子供メニュー

先に書いた「ビュッフェスタイル」ということが関連してますが、

  • コーン
  • お豆
  • ポテト
  • ヤングコーン など

子供が食べられそうなメニューがたくさんあるので、安心です。

娘は、好き嫌いはそんなにない方、、だと思いますが、それでも外食するときは気を使います。

「食べたいものあるかなー」とか「美味しく食べられたかなー」とか。

ビュッフェスタイルだと、自分で選べるし、自分で選ぶと、納得してたくさん食べるしいいことづくめだなーと。

ビュッフェのメニュー数もとっても多いので、食事の好みがはっきりしてる子でも、比較的ハードルは低いのではないかなと思います。

色鉛筆と塗り絵がプレゼント

塗り絵

そして極めつけには、なんと!色鉛筆と塗り絵がもらえるという。

ここまででも十分ありがたいのに、子供には、色鉛筆と牛さんの塗り絵のプレゼントがもらえます。

塗り絵

席に座ると用意されているので、

「たくさんご飯食べて、ごちそうさました後に遊ぼうねー!」

と約束し、子供もとても楽しみにしてきたようで

「遊んでいい?開けていい?」

と食事後に遊んでいました。

親は、その間ゆっくりとお腹がいっぱいにな?までお肉を堪能し、、最高でした。

大抵子供と外食に行くと、親が食べ終わる前に、子供がソワソワ、、もう遊びたい、、外出たい、、となり、忙しなくご馳走様ということが多いのですが、バルバッコアでは子供の注意も引けるため、最後までゆっくりご飯することができました。

お肉もビュッフェも大人大満足

野菜ビュッフェは、野菜の種類も充実していて、調子に乗って初めに食べすぎ注意でした。(写真はすでに取りすぎ。笑)

ビーツとかキノコのマリネもあったよ。

 

カレー

夫は、カレーも食べてました。(わたしは胃のキャパ的にパス。笑)

メニュー

お肉は、

  • イチボ
  • サーロイン
  • ランプ
  • カイノミ
  • ガーリックステーキ など。

13種類が回ってきます。

メニューもまんべんなくいい感じに回ってきてくれるし、ラストオーダー前には食べたいものをオーダーすれば、お代わりさせてくれました。

お肉は、切り立てが柔らかくて肉汁ジュワぁ〜。表面の塩見もいい加減でした。

「次何回ってくるかな〜」と、

テーブルでの会話も弾みました。

 

バルバッコア子連れランチまとめ

子連れで外食にいくと、子供に合わせてメニューを選んだり、そもそも子供に合わせてお店を選んだり、、もちろん仕方かと思うし、納得もしてますが、

そもそもビュッフェスタイルだと、お互い好きなものが食べられてハッピーでした。

加えて、バルバッコアのお肉がとっても美味しかったんです。

たくさんおかわりしちゃいました。

店員さんも何度も席に運んでくれて、、切りたての柔らかいお肉を食べられたのも至福で、子連れで、席までサーブして目の前で切ってくれるのって本当贅沢な気持ちになりました。

子供も回ってくるたび嬉しそうだったし。

さすがに赤いお肉は食べさせられなかったけど、よく焼けた表面とかローストチキンは子供も喜んで食べてました。

店員さんも子供慣れしてる感じで、フレンドリーだったのもありがたかったです。

絶対また行く!!!

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-子育て, 食事・レストラン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

シンガポールでおしゃれ贅沢タイ料理を食べるならジム・トンプソン(Jim Thompson)

デンプシーヒルで食べる雰囲気抜群のタイ料理 – ジム・トンプソン(Jim Thompson) 「ジム・トンプソン」と聞くと、有名なタイ・シルクのブランドを思い浮かべると方もいらっしゃるかと …

ウルフギャング・ステーキハウスで豪華ランチ-シンガポール

今回は夫と「がっつりお肉が食べたい!」ということで、ロバートソン・キーにあるウルフギャング・ステーキハウスにお肉デートに行ってきました! ウルフギャングは、2004年ニューヨーク発祥の有名ステーキハウ …

チリクラブおすすめ-ジャンボ(JUMBO SEAFOOD)リバーサイドポイント店

シンガポールに来たら、絶対食べたいチリクラブ!今回は、ガイドブックにも必ず載っている有名店「ジャンボ」に今更ながら行ってきました。 「ガイドブックに載っているお店だし、あくまでも旅行者向けで、味はイマ …

ピザ

ナプレ (napule) 南青山本店-子連れ表参道のイタリアン

こんにちは。tamappyです。 今年の目標は「ブログをたくさん更新する」ことにしたので、2年ぶりに再開します。パチパチパチ。 「日本に帰国してからのこと」「子育てのこと」「仕事のこと」たくさん書きた …

シンガポール一番のおしゃれカフェPS.Cafeハーディング店

雰囲気抜群!PS.Cafeは大人のカフェ シンガポールのおしゃれ好きが集まる「PS.Cafe」! シンガポール国内に10店舗が展開されていて、オーチャードのおしゃれファッションビルのパラゴン店やチャイ …

カテゴリー

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

tamamiです。
29歳大阪出身で、現在シンガポール在住です。
happy lifeを目指して、シンガポールの生活美味しかったレストランや旅行のことを書いていきます。